TEL: 011-632-8877

デルフィーノ(delfino)

プロ仕様の抗菌製品
デルフィーノ(delfino)

delfino(デルフィーノ)は「感染ゼロを目指して」というコンセプトのもと、光触媒(酸化チタン)、抗菌触媒(銀)、三元触媒(プラチナ)などの触媒を組み合わせることで、それぞれの触媒反応が持つ効果を相乗的に発揮させながら、それぞれの弱点を補うという画期的な抗菌・防臭剤です。

デルフィーノ(delfino)の誕生と歴史

医療の現場で誕生した製品

デルフィーノ イメージ

デルフィーノは司法解剖などで常にご遺体からの感染リスクに悩まされていた解剖医や検査技師からのリクエストにあった「安心・安全・簡単・持続性」に応える形で、杏林大学医学部(法医学)佐藤喜宣教授の協力を得て、細菌感染のプロセスや抗菌素材を徹底的に研究し、安心・安全な抗菌・防臭剤として誕生しました。

多様な機関がデルフィーノを導入

デルフィーノ イメージ

法医学室、警察のご遺体安置所、葬儀社、災害現場など、医療現場の最前線で活躍するプロフェッショナル達は、常に細菌感染のリスクにさらされています。
当初、デルフィーノは法医学室で使われていました。死体の死因などを究明するために行われる司法解剖の現場では、さまざまな感染リスクに対処する必要があります。次第に、警察のご遺体安置所や葬儀社、救急車内の抗菌コーティングなどデルフィーノが使われるようになりました。
ご遺体に付着する菌・ウイルスから医療従事者・関係者を守るために高い抗菌性を持つデルフィーノ製品が導入されています。

シリーズ紹介

デルフィーノシリーズには、デルフィーノの技術が用いられた「マスク」製品、抗菌・防臭・防カビ用の「スプレー」、デルフィーノを部屋全体に噴霧する「抗菌コーティング」の3つのシリーズがあります。

マスク

デルフィーノ イメージ

デルフィーノの技術を使った医療用のサージカルマスク「プロテクティブマスク」、働くママやプレママのための「マママスク」、贈答品用の「マスクケーキ」などの製品があります。

スプレー

デルフィーノ イメージ

スプレータイプのデルフィーノ製品です。スマートフォンやテレビのリモコンなど、雑菌が多いアイテムをはじめ、接触感染の経路となりやすい場所に用います。抗菌・防臭処理をしたいところへお手軽にご利用ください。

抗菌コーティング

デルフィーノ イメージ

ミクロジェット(屋内用自動噴霧器)を使ってデルフィーノを救急車内に噴霧し、車内のモノを抗菌コーティングするという感染予防の取組みを行ってきました。近年は民間施設の感染対策として「オフィスまるごと抗菌」をリリースし、施設やご家庭の備品を含め屋内全体を抗菌コーティングするサービスをご提供しております。

信頼と安全性

デルフィーノは抗菌性能と安全性において、SIAAの基準をクリアした抗菌剤です。

SIAA(抗菌製品技術協議会)とは

デルフィーノ イメージ

適正で安心できる抗菌・防カビ加工製品の普及を目的とし、抗菌剤・防カビ剤及び抗菌・防カビ加工製品のメーカー、抗菌試験機関が集まってできた団体です。業界だけでなく、消費者代表、専門家および行政などの幅広い意見を聞きながら、抗菌加工製品に求められる品質や安全性に関するルールを整備し、かつそのルールに適合した製品の安心のシンボルSIAAマーク表示を認めています。消費者が抗菌に関連する混乱を来さないように、抗菌製品の性能や安全性に関する基準を決めることを目的とした協議団体です。

小さなお子様にも安全な成分で作られています

主成分(銀+光触媒)は、SIAA(抗菌製品技術協議会)による安全性試験をクリアしており、急性経口毒性・皮膚一時刺激性・変異原性・皮膚感作性などについての高い安全性を誇ります。

TEL: 011-632-8877(営業部)
FAX: 011-616-6655

メールでお問い合わせ

デルフィーノのメカニズム

デルフィーノのメカニズムは「微粒子触媒による抗菌」です。 反応が異なる複数の触媒を組み合わせて使用する事で、相互作用や、補完作用が働き、 より強力な「抗菌」を実現しました。

3種の触媒反応の組み合わせ!

プラチナ・銀・酸化チタンの3種類の触媒反応を組み合わせた抗菌・防臭剤がデルフィーノ。
この3種類の異なる触媒反応の長所を複合し、短所を改善することにって、より強い抗菌・防臭性能を実現しています。

TiO2 光触媒 (TiO2:酸化チタン) Pt 三元触媒 (Pt:プラチナ) Ag 抗菌触媒 (Ag:銀)
  • 光触媒(酸化チタン)

    紫外線を受けて化学反応を促進する触媒です。ウイルス・菌を水と二酸化炭素に酸化・分解します。強力な酸化力が特徴です。

    塩素の3倍、水酸化水素の2倍、オゾンの1.5倍の酸化力

    用途:トイレ・外壁・建材など

  • 抗菌触媒(Ag:銀)

    古くから除菌作用が知られている触媒。最近では消臭などでAg製品が主流になっていることは周知のとおりです。

    650種類以上のウイルス・菌に有効(FDA)

    用途:水野鮮度保持・銀食器・銀歯など

  • 三元触媒(Pt:プラチナ)

    還元作用があり、有毒な排ガスの浄化のための触媒として自動車マフラーに使用されています。

    炭化水素を無害な水に、一酸化炭素を二酸化炭素に酸化して、クリーンなガスに変えて排出。

    用途:自動車マフラー、医療用抗菌シーツなど

銀と光触媒の長所・短所

銀と光触媒の長所・短所 暗所(夜間) 明所(太陽光下) 光触媒 効果なし 強い分解力で、抗菌・脱臭 銀 強い抗菌力 分解力はない

植物の光合成のように、光を当てると化学反応を起こす「光触媒」技術は、酸化チタン(光触媒)に光が当たると強力な活性酸素を生成し、有害な有機物などを無害な水と二酸化炭素に分解する効果を有しています。しかし、光のないところでは効果を発揮できません。

デルフィーノの技術

そこで、光触媒の酸化チタンに銀とプラチナを配合させ、光のまったくない場所においてもその効果を発揮することを可能にしたのがデルフィーノなのです。

  • 「銀+光触媒」構成イメージ図

    デルフィーノ イメージ

    デルフィーノは非常に小さいサイズの銀メタル「Ag」と光触媒であるアナターゼ型酸化チタン「TiO2」が組み合わさって構成されています。ナノサイズのアナターゼ型酸化チタンに、そのチタンよりもさらに小さいサイズの銀メタルを吸着させることで抗菌・解毒・防臭性能などの向上に相乗効果を発揮します。
    光触媒、アナターゼ型酸化チタンの働きは太陽光を受けて光合成し、水、二酸化炭素を酸素・炭水化物にする植物とイメージが似ています。つまり紫外線(光)を受けて、細菌・悪臭などを『分解』し、無害な水・二酸化炭素へ変える働きをアナターゼ型酸化チタンは持っています。

  • 光触媒の働きイメージ図

    デルフィーノ イメージ

    酸化チタンの表面に光が当たると、有害な有機物などを無害な「水」と「二酸化炭素」に分解します。細菌などの有機物を分解するメカニズムは下記の図にあるように、活性酸素によって、有機物を水や二酸化炭素へ分解します。活性酸素は人の体内でも様々な働きをする事が知られていますが、体内に入った細菌を白血球やマクロファージが細菌を分解する際にも活性酸素を活用しています。

  • 分解イメージ図

    デルフィーノ イメージ

    このように活性酸素によって有機物は水や二酸化炭素などに分解されます。 デルフィーノは酸化チタン・銀・プラチナの長所を複合し、短所を改善した、複合による相乗効果で、より強い抗菌・防臭性能を実現しています。

抗菌・防臭性能については、第三者による検証データ(下記)をご参照ください。

TEL: 011-632-8877(営業部)
FAX: 011-616-6655

メールでお問い合わせ

施設での利用シーン

施設の感染予防にデルフィーノ

さまざまな施設のこんなところでデルフィーノがおすすめです。

  • 病院等の医療機関

    デルフィーノ イメージ

    病院においては院内感染の発生を未然に防止することと、発生した感染が拡大しないように制圧することが大切です。そのためには施設管理者(病院長など)が積極的に感染制御に関わり、感染対策委員会、感染対策チーム(ICT)などが中心となって、総ての職員に対して組織的な対応と教育・啓発活動をしなければなりません。
    デルフィーノ製品においてはプロテクティブマスクの提供や、医療器具・病室・救急車内にデルフィーノを噴霧するなど、医療機関での感染予防に貢献致します。

    活用ポイント 患者様、医療従事者の院内感染対策に!
    噴霧場所 マスク、帽子、白衣(袖、裾)、ネクタイ、手袋、手すり・ドアノブ、シーツ、担架、吐しゃ物
  • 学校・塾・保育園・幼稚園

    デルフィーノ イメージ

    学校・塾・保育園・幼稚園は、児童生徒達が集団生活を営む場であり、感染拡大した場合、大きな影響を及ぼすこととなります。感染を予防することは、教育の場・集団生活の場として望ましい学校環境を維持するとともに、児童生徒達が健康な状態で教育を受けるためにも優先順位の高い施策です。

    活用ポイント 教員、生徒の集団感染予防に!
    噴霧場所 机・イス、ドアノブ・手すり、スイッチ、子どもが触れる可能性がある場所全て
  • 企業/会社

    デルフィーノ イメージ

    感染対策は企業で働く従業員を守るだけでなく、企業そのもののイメージを守るためにも欠かせないことです。従業員の中に罹患者が増えてしまった場合、思うように仕事が進まない状態になってしまうかもしれません。
    それだけでなく、あの企業では感染拡大しているらしいと噂が知れ渡ってしまうと、企業のイメージが悪くなってしまいます。そういったことを考えると感染対策をすることは非常に大切だと言えるでしょう。

    活用ポイント 大切な社員様を安全に守るために!消臭効果で快適さUP!
    噴霧場所 デスク、イス、スイッチ、受話器、ドアノブ・手すり
  • 介護福祉施設

    デルフィーノ イメージ

    高齢者介護施設は、感染への抵抗力が弱い高齢者が集団で生活する場です。そのため、高齢者介護施設は感染が広がりやすい状況にあることを認識しなければなりません。また、感染自体を完全になくすことはできないことを踏まえ、感染の被害を最小限にすることが求められます。
    このような前提に立って、高齢者介護施設では感染予防する体制を整備し、平常時から対策を実施するとともに、感染の拡大防止のため迅速で適切な対応を図ることが必要となります。

    活用ポイント 高齢者の施設内感染対策に!気になる加齢臭対策に!!
    噴霧場所 マスク、白衣(袖、裾)、手袋、手すり、シーツ、ベッド、排尿物
  • ホテル宿泊施設・空港施設

    デルフィーノ イメージ

    職業柄、感染経路を絶つ事ができない為に日常的に感染リスクにさらされているホテル・民宿等の宿泊施設。感染対策は、施設の従事者が全員で取組む必要があります。 施設内の感染対策は、お客様が安心してくつろげる空間づくりに不可欠です。
    また、人の出入りが多い空港施設のラウンジ、貴賓室などの感染対策も需要です。お客様の接触機会が多いドアノブやテーブル、椅子などに対し、デルフィーノによる抗菌コーティングを行うことで接触感染リスクを軽減することができます。

    活用ポイント 客室内の抗菌対策に!タバコの臭い・葉巻の臭いの消臭に!
    噴霧場所 デスク、イス、ドアノブ、壁、洗面所、ソファ、ジュータン、ラグ、ベッド、シーツ、カーテン
  • 飲食店

    デルフィーノ イメージ

    飲食店では客を選別する事ができない為に、感染経路の重要事項である「菌やウイルスを持ち込まない」を実践する事は困難です。100%予防する事はできませんがウイルスの特徴や予防方法の理解、そして正しい対処を実践できる事が重要です。
    食中毒やウイルスに関する正しい知識と予防対策等について社員が理解を深めるとももに、調理台、カウンター、蛇口、机・テーブル、イスなど、接触感染を予防するための環境づくりとしてぜひデルフィーノコーティングをご活用ください。

    活用ポイント お客様の安全、従業員の感染予防対策に!
    噴霧場所 調理台、カウンター、蛇口、机・テーブル、イス、冷

TEL: 011-632-8877(営業部)
FAX: 011-616-6655

メールでお問い合わせ

感染リスクへの対策について

「接触感染」に関する実験

デルフィーノ イメージ

一般的に感染経路には、【飛沫感染・接触感染・空気感染】があり、感染原因の50%~80%と言われているのが接触感染です。

飛沫感染 感染した人が咳やくしゃみをすることで排泄する、ウイルスを含む飛沫(0.005mm以上の水滴)が飛散し、これを健康な人が鼻や口から吸い込み、ウイルスを含んだ飛沫が粘膜に接触することによって感染する経路。
接触感染 接触感染とは皮膚や粘膜の接触、または医療従事者の手や医療器具、その他手すりなどのような物体の表面を介しての間接的な接触により病原体が付着し、その結果感染が成立するものの事です。
空気感染 空気感染とは、飛沫の水分が乾燥した微粒子(飛沫核:5μm未満)を吸い込む感染経路です。飛沫核は水分が乾燥して軽くなっているため、1m以上、かつ長時間空気中に漂います。

アリゾナ大学による接触感染実験

デルフィーノ イメージ

実験の概要

  • 80人が勤務するオフィスビル入り口のドア(押し続けるタイプ)に、疑似ウイルスを付着させて実験。
  • ※人体に無害だが、その形や大きさ、耐性は通常の風邪ウイルスや胃腸炎を起こすウイルスと似ているもの。
  • アリゾナ大学/チャールズ・ガーバ教授が2014年対細菌物質と化学療法の学際シンポジウムにて発表

実験結果

  • 80人が勤務するオフィスビル入り口のドア(押し続けるタイプ)に、疑似ウイルスを付着させて実験。
  • ※人体に無害だが、その形や大きさ、耐性は通常の風邪ウイルスや胃腸炎を起こすウイルスと似ているもの。
  • アリゾナ大学/チャールズ・ガーバ教授が2014年対細菌物質と化学療法の学際シンポジウムにて発表

この実験結果から、ひとりの感染患者から午前中のわずかな時間でウイルスは施設全体に感染を拡げてしまうという事がわかっています。

同教授はひとりの人にウイルスを付着させ同様の実験を行ったが結果は同じでした。
調査では平均的な成人は1時間に約16回、指を鼻や口、目に持って行くことが分かりました。2歳から5歳までの幼児であれば、その回数が50回にも達していたそうです。スキンシップが当たり前に行われている学校では、どう広がっていくのかは明白かと思われます。

接触による感染リスクを減らす対策

「これだけやっていれば大丈夫!」というものはありません。予防・対策製品を適切に組み合わせて感染リスクを減らすことが重要です。
デルフィーノの抗菌スプレーや屋内噴霧サービスは、オフィスのハードを強制的に抗菌コーティングすることにより、モノを仲介した接触感染リスクを軽減させるために開発された製品です。
救急車内における搬送者からの二次感染や、病院内感染、教育機関での生徒・園児・職員への感染予防対策としてデルフィーノ製品が活用されています。

まるごと抗菌コーティング

ミクロジェット(専用の噴霧器)を使って、抗菌剤を3ミクロンの霧状で噴射することで、抗菌剤の粒子を天井の高さまでムラなく充満させます。床・壁・天井の6面をはじめ、ドアノブから受話器やキーボードなど、普段使いで触れるモノに、ナノ単位の細かな粒子を付着させることでお部屋全体をまるごとコーティングします。

デルフィーノ イメージ

デルフィーノの技術で接触感染を抑制する

デルフィーノでコーティングされた面に菌が付着した際に、菌の増殖が抑制される効果が示されています。感染経路でもっとも重要な接触感染、壁や床に付着し埃とともに広がる空気感染、これらの感染リスクを軽減することにデルフィーノ製品が貢献しています。

【感染対策の効果比較】

項目 飛沫感染 接触感染 空気感染
マスク ×
空気清浄機 × ×
イオン発生機 ×
デルフィーノ ×

生活の中で接触機会が多い机やイス、ドアノブ、電話機、リモコン、照明スイッチ等に付着したウイルスや菌は、接触感染を拡大させる要因となっています。このリスクを軽減させることがデルフィーノ製品に期待されています。

酸化分解力(=抗菌力)について

接触感染を予防するために、菌・ウイルスの繁殖を抑える様々な抗菌素材が存在します。
一般的に、酸化分解力(=抗菌力)の強さの関係は以下のように考えられています。

酸化分解力(=抗菌力)

光触媒 > オゾン > 過酸化水素 > 塩素

デルフィーノは従来の光触媒に銀(Ag微粒子)とプラチナ(Pt微粒子)を最適配合することで、菌の分解スピードと消臭性能の両方を向上させた抗菌剤です。
他の素材と比較した場合に、デルフィーノの優位性が高いと言える点は、抗菌・消臭効果を持ちながら、毒性がなく安全で、持続性があるという点です。

デルフィーノ イメージ

(※上の表をクリックすると、拡大した画像の閲覧が可能です。)

お問い合わせ

お気軽にご相談・ご連絡ください。
お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください。

TEL: 011-632-8877(営業部)
FAX: 011-616-6655

メールでお問い合わせ


TEL: 011-632-8877 FAX: 011-616-6655
〒064-0821
北海道札幌市中央区北1条西20丁目1番27号
井門札幌N120ビル7F
(C) 2020 株式会社アクトシステムズ. All rights reserved.